コンサの奴隷

北海道コンサドーレ札幌サポーターのブログです


スポンサーリンク

56歳で現役復帰のシジマール 試合出場はあるのか?

クモ男の電撃復帰

先日、藤枝MYFCのコーチをしているシジマールが選手登録したとのニュースが話題となりました。

そして4月16日のグルージャ盛岡戦ではついにベンチ入りし、もしかしたら出場するかも?という状況になっています。

 そもそもなぜシジマールが選手登録することになったかというと、藤枝は登録していた3人のGKのうち2人が怪我をして層が薄くなっています。

もし、試合中にGKが怪我をしたり退場になったりしたら代わりの選手がいないのは避けたいところです。

しかし、それほど資金も潤沢にあるはずもなく、フリーの選手を見つけるのも大変だからコーチのシジマールを登録した、というのが実際のところでしょう。

 

本当に試合に出ることはあるのか

選手登録してベンチ入りも果たしましたが、試合に出る可能性は極めて低いと思います。

なぜかというと、グルージャ盛岡戦ではシジマールの他にもう一人GKがベンチ入りしています。

2日前に特別指定選手に登録された東海学園FCの大澤選手です。

 

大澤俊太選手 2017年JFA・Jリーグ特別指定選手 承認のお知らせ | 藤枝MYFC

 

試合中にGKのアクシデントがあればシジマールより先に大澤選手が出場する可能性が高いように感じます。

この試合にGKが2人もベンチ入りしたのは遠征費用を節約するために、もともとコーチとして帯同するシジマールもとりあえずベンチに入れたのではないのでしょうか。

 

大澤選手の所属する東海学園FCは東海学園大学セカンドチームです。

大学のサッカー部のトップチームに入っていない選手を特別指定選手に登録というのも非常に珍しく、無理矢理メンバーを集めた感が否めません。

J3という舞台は(資金面で)非常に厳しいリーグだということを物語っているのではないでしょうか。

 

それにしてもスポーツナビの選手詳細を見ると「シジマールは試合に出ない」感が非常によく伝わってきますので、ぜひご覧ください。

f:id:sultanofnopporo:20170416223129p:plain

出典:sportsnavi