コンサの奴隷

北海道コンサドーレ札幌サポーターのブログです


スポンサーリンク

タイ代表対決!広島との開幕戦は移動距離的には悪くない

毎年恒例?のスポーツ紙によるリーク

2018年のJリーグ開幕戦カードが発表前日にスポーツ紙で報道されました。

前回の記事で注目していたACL勢は、韓国アウェイを戦う川崎と鹿島はJリーグ開幕戦も共に磐田、清水と静岡県でアウェイ戦ということなったようです。

セレッソはホームで横浜戦、柏はアウェイで仙台戦と、我らがコンサドーレはACL勢との対戦はなりませんでした。

まあ川崎や鹿島とはオーストラリアでの試合直後の3月に対戦するのが最もオイシイと思われるので今後の日程発表を楽しみにしたいところです。

 

タイ代表対決に注目

札幌はアウェイで広島戦とのことですが、やはり注目はタイ代表の2大エース、チャナティップと広島に加入したティーラシンの対決です。

話題作りのためにこのカードを開幕戦に持ってきたような気もしないでもないですが、日本のみならずタイでもJリーグが注目されるきっかけになればいいのではないでしょうか。

札幌は2月13日から熊本でキャンプを行っているので、広島ならそれほど移動距離も比較的長くなく、この時期にアウェイで対戦するのは悪くないかもしれません。

欲を言えば第2節で長崎か鳥栖とアウェイで当たれば選手の負担は非常に少なくて済むはずです。

 

でもサポーターは大変

開幕戦を観戦しようとしていたサポーターにとっては広島まで行くのは大変です。

正式発表前日というのに既に新千歳発広島行きの航空券はほとんど残っていません。

開幕戦の前日入りする場合、JALだと往復で6万円以上のものしか残っていないので、岡山や大阪から新幹線も検討せざるを得ない状況です。

ANAならもう少し安く行けそうですが、それでも往復41,300円でした。

LCCで大阪から行くこともできますが、航空券で約2万円、新幹線等で往復2万円以上かかるのでANAの直行便と同じくらいの出費になります。

私は開幕戦に行けないので第2節以降のアウェイ戦に参戦したいと思います。

全日程が発表となる24日が待ち遠しいです。