コンサの奴隷

北海道コンサドーレ札幌サポーターのブログです


スポンサーリンク

2019年もJ2・J3が面白い

ルヴァン杯での衝撃

先日、札幌ドームで行われたルヴァン杯・札幌対長崎の試合を観戦しました。

この試合はリーグ戦に先発していない選手が出場し、GK菅野のPKストップもありスコアレスドローという内容でした。

この試合のMVPはもちろん菅野だと思いますが、他にも渋い活躍をしていた選手がいました。

 

この試合では札幌の中原とジェイが負傷のために前半で交代となり、センターバックをやっていた早坂良太がワントップに入りました。

リーグ戦では右サイドハーフで出場することが多い早坂は、なんとも器用にポストプレーをこなしていて、緊急事態と思われたチームを救っていたように思います。

あまり注目している人は多くないとは思いますが、こんなにいろいろなポジションをこなせる選手は貴重なので、現場では重宝されているのではないでしょうか。

 

下位リーグからの移籍

ところで早坂はもともとJFLHONDA FCの出身で、サガン鳥栖と経て札幌にやってきた選手です。

鳥栖は本当にいい選手を発掘してくれたと思います。

Jリーグができてしばらくは、あまりJFL地域リーグからの移籍は多くなかったように思います。

セレッソなんかは古橋達弥とか徳重隆明など渋い選手を補強していたと思いますが、その他にはあまり記憶がありません。

今は当時と比べると下位リーグのチームからの移籍がとても増えたように思います。

DAZNがJ3も放送してくれるので試合のチェックがしやすくなったということもあるのでしょうか?

J3がなかったころはJFLが実質3部リーグで、テレビ中継もほとんどなかったので、選手の特徴などは天皇杯で勝ち上がって来てくれない限り知る機会もありませんでした。

 

今季のJ1やJ2には「個人昇格」を果たした選手が数多くいます。

すべての選手が上位リーグで成功するわけではないですが、神戸の古橋や今シーズンでいえば大分の藤本などは素晴らしい活躍をしています。

今は一般の人もDAZNに入っていればJ2・J3を自宅で観戦できるので、こういった選手を自分でも見つけて注目していくのも新たなJリーグの楽しみ方になるのではないでしょうか。

 

代表ウィークにJ2・J3を観戦

私は札幌サポーターということもあり、普段は札幌の試合を観ることが多いですが、先週は国際試合が行われる関係でJ1の試合はありませんでした。

特に試合を観る予定はなかったのですが、52歳のキングカズが先発するということで、横浜FCFC岐阜の試合をフルタイムで観戦してみました。

先発の平均年齢が33歳を超えている横浜FCが走り負けるかなと思ってましたが、松井や伊野波といったベテランがサイドチェンジを多用して相手を疲弊させたせいか、横浜FCが2-0で勝利。

戦術的にも面白い内容で、サッカー見たい欲が収まらず、翌日もJ3の八戸対YSCCの試合を後半だけ観戦。

東北2部リーグ時代からヴァンラーレ八戸一筋の新井山がいいパスを連発して3点ビハインドからから1点差まで追いつくという展開でこちらも好ゲームでした。

YSCCも40歳を過ぎてからJリーグを目指し今シーズンデビューを果たした安彦考真という選手が途中出場し惜しいシュートを放つなど、見どころいっぱいで大満足の一戦でした。

もちろん上のカテゴリーではあまり起きないようなミスも見られますが、そういう部分も楽しんで観戦するのもまたサッカーの醍醐味でしょう。

 

 

若手の発掘やレジェンドの活躍など、楽しみ方が無限に広がるJ2・J3に今年も注目していきたいと思います。